記事が書きたくないなら書かなくていい

目安時間:約 8分

サラリーマンの現状を打破するために挑戦している

40代かな太の副業アフィリエイト。

 

 

 

 

 

 

今日も深夜12時にこっそり記事を書く。

 

 

 

 

 

 

年末のサラリー業は仕事納めも重なり疲れはピークだったが

ボクの副業には仕事納めはない!

 

 

 

 

 

 

365日24時間、やる気ならいつでも副業ができる環境だ。

個人事業主だから当然といえば当然。

 

 

 

 

 

 

考える時間より行動した時間に比例して成果の出る仕事、

それがアフィリエイトというネットビジネス。

 

 

 

 

 

 

 

だから今晩もボクは記事を書く。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもボクにも心が折れる時や、

記事を書くのが面倒と思う事もある。

 

 

 

 

 

 

疲労がピークに達し体調の悪い時、

風や病気の時は気が萎える。

 

 

 

 

 

 

また不測の事態も365日の中で必ず発生する。

冠婚葬祭や深夜残業などがそれだ。

 

 

 

 

 

 

 

このようなときは記事を書きたくても

書けないことがある。

 

 

 

 

 

 

またパソコンに電源を入れてもなんとなく今日は

記事を書く気になれないということも正直ある。

 

 

 

 

 

 

そんな迷いや気が進まないとき、

ボクは記事を書かないと決めている。

 

 

 

 

 

 

書きたくない環境で記事を書いても

ろくな記事にはならないから。

 

 

 

 

 

おおよそ愚痴っぽい記事になったり、

焦点の定まらない文章になったりすることの方が

多いから書かない方がマシだと考えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事を書かない代わりに

そんなときボクは視点の異なる仕事をしている。

 

 

 

 

 

運営中のサイト画像を修正したり、

デザインの構成を考えたり・・・・・

 

 

 

 

 

 

またはネット上から今後、使えそうな画像をダウンロード

して画像集フォルダーに格納したり・・・・・

 

 

 

 

 

 

また、

 

 

 

 

 

 

サテライトで立ち上げたが長期放置している無料ブログの

「このブログは3ヶ月以上更新のない・・・・」

 

 

 

 

という広告メッセージが表示されているサイトを見つけ、

FFFTPを使って広告メッセージを消す作業をしている。

 

 

 

 

 

 

記事が書けないときは無理矢理に記事を書くのではなく、

他の仕事に観点をズラすと仕事効率が改善することも よくあること。

 

 

 

 

 

 

そして記事が書きたい、ネタを見つけたときに

ここぞと一気に記事を書き貯める。

 

 

 

 

 

書きたい心境のときは1時間、2時間はあっという間に

時間が過ぎていくものだ。

 

 

 

 

 

 

しかも記事の内容も納得いくものが出来上がる

可能性も高いしクオリティに磨きもかかる。

 

 

 

 

 

 

副業であってもビジネスとして実績を出したいのであれば、

手を動かす、行動する時間を見つけないと結果は出ない。

 

 

 

 

 

 

脳みそだけで妄想や理想を考えているだけじゃあ

夢と幻に終わってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

考えるより慣れろ!の精神が必要なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もご精読いただきまして有難うございます。

かな太の個人的な見解と偏見からの体験しかお伝えできませんが

あなたの40代の副業スタイルにお役に立てたら幸いです。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

当サイトが推奨する副業

アンリミテッドアフィリエイト


ウェブビジネスをまったく知らない素人だった湊は独学ではなく、プロアフィリエイターから稼ぐ仕組みを学び、スキルを加速させました。

副業だけで430万円の収入を得た方法

詳しい内容

ウェブプロモーター湊(みなと)

湊マルオ



ウェブプロモーターの湊です。

転職できる年齢はとっくに過ぎているので、すき間時間を使って働き方改革をしています。

詳しいプロフィール

似顔絵メーカー
http://www.nigaoemaker.jp/
湊のアフィリエイト講座

 

minatoryu

 

アフィリエイトについての
初心者講座を開設しました。
はじめての方やよくわからない方は
こちらをご覧ください。

アフィリエイト講座

カテゴリー
新着記事

ページの先頭へ