40代 副業 アフィリエイト

40代 副業アフィリエイトで働き方改革

40代サラリーマンが小遣いを5万円増せた理由

読了までの目安時間:約 6分

40代の小売系サラリーマン、
いわゆるショップ店員。

 

951d4c837c2ccf59e39d9391fe5346ff_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40代なかば副業ではハンドルネームを

マルオと名乗りアフィリエイターをしている。

 

そう、

小遣い稼ぎで知名度の高い

アフィリエイトを副業としている。

 

副業をしている

理由は単純!

 

現在のボクはおこづかい制、
給料日に3万円が妻から支給される。

 

でも物価が上がるなか3万円では遊びにも

行けず自由になれずサラリーマンには必須の

缶コーヒーとタバコで3万円は消えていく。

 

おこづかいを増やしてもらおうと妻に

交渉するがいつも一蹴されてしまう。

 

「生活費」「教育費」「住宅費」「ローン」と
いった強力な理由を盾に交渉は決裂してしまう。

 

給料が飛躍的に上がらない限り交渉の土台には

立てず毎回ボクの敗北が確定していた。

 

1万~2万給料がアップしたところで
おこづかいは増やしてもらえない。

 

40代のサラリーマンであっても

ある日、突然、給料が10万円アップする

ことはまず無いに等しい。

 

となると・・・・・

 

自分でおこづかいを稼ぐしか

手段がないと気づいた。

 

ボクは40代のサラリーマンにも

出来そうな副業を頭のなかで浮かべた。

 

「コンビニ」
「ガソリンスタンド」
「ファーストフード」
「新聞配達」
「休日限定、警備員」・・・・・

 

思いついた副業はどれも不可能では

ないが40代の中年サラリーマンには

過酷な条件の副業ばかりだった。

 

何が過酷な副業かというと、

ボクは40代の小売系サラリーマンだから

就業時間が14時間と帰りが

おそく深夜の副業は厳しい。

 

そんな理由から副業を

インターネットで検索していた。

 

パソコンであれこれ検索して

結果的に出来そうだった副業が

アフィリエイトだった。

 

40代の小売系サラリーマンが副業で

おこづかいを増やすための選択肢は

アフィリエイトしかなかったのです。

 

「帰宅してからできる副業」
「肉体労働ではない副業」
「短時間でも小遣いが増やせる副業」
「特別な知識が要らない副業」

 

でもアフィリエイトの知識がゼロでしたので

必要経費と割り切ってアフィリエイトマニュアル

を購入して副業に取りかかりました。

 

もちろん稼げる保証はないので

不安は80%!夢20%!のなかで

副業をはじめました。

 

結果・・・・・

 

hosyu02

 

 

 

 

 

 

 

 

↑おこづかいを5万円増やし、

 

hsyu01

 

 

 

 

 

 

 

 

↑やがて10万円を超え、

 

今では12万円の副業収入+毎月のおこづかい3万円
の合計15万円に増やすことができました。

 

※ちゃっかり毎月3万円のサラリーマンの

おこづかいはいただいています。

 

妻もボクが副業で稼いだお金だから毎月の

おこづかいを減らす理由がないようです。

 

ボクがおこづかいを増やすことができた

アフィリエイトマニュアルは・・・・・

 

anrmi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンリミテッドアフィリエイトといいます。

このマニュアルで稼ぐ方法と稼ぐ

仕組みを習得しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40代の副業スタイル記録/深夜22:00からの副業    コメント:0

副業は片手間?されど副業は本格ビジネス

読了までの目安時間:約 7分

jyouho035インターネット社会と言われ、インターネットビジネスが仕事として認められる現代では、大勢のサラリーマンがインターネット社会に進出している時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でもインターネット環境を活用した副業が

サラリーマンには人気の副業ジャンルになっている。

 

 

 

 

 

 

 

費用が掛からず敷居が低い、
空いた時間に好きなだけ、
稼げなくてもリスクはない、

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスで稼ぐための
ノウハウも売買されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも同類だが、パソコンスキルに乏しい
40代アナログ式サラリーマンにも容易に
始められる環境がそこにはあった。

 

 

 

 

 

 

 

今は本人のやる気しだいで誰でも
ネットビジネスを副業として始められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも副業をしているという意味と副業で稼げている

という意味は180度ちがうとボクは思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

また収入が安定しない副業はお小遣い稼ぎで
月収3万円でも継続して安定した稼ぎが
あってこそ副業だとも思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

副業収入が安定して稼げる人は、
「空いた時間に好きなだけする」という
考えでは副業をしていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

継続して収入が獲得できるまで
本業のサラリーマン業を終えて自宅に帰宅して
からも毎日のように稼げる仕組みを
作り続けている。

 

 

 

 

 

 

 

一般のサラリーマンが帰宅して連ドラを観ながら冷えたビールを片手に晩酌をしている最中にもパソコンに向かってビジネスマニュアルを参考にしながら稼ぐための勉強をしているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

継続して稼ぐためには
この冷えた1杯のビールを堪えることも必要!
自分へのご褒美は副業収入だから!

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの経験上ですが、
正直なところ、この位の意識がなければ
副業もトキドキラッキーなお小遣い程度で終わる。

 

 

 

 

 

 

 

今月は5千円、副業で稼いだ!
しかし翌月は収入はゼロ!

 

 

 

 

 

 

 

 

これでは副業ではなくお小遣い稼ぎだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でもボクは1日14時間の小売サラリーマンを
終えてからさらに2時間の副業をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、
月に数回ある休みには副業で稼いだ自由に使える

お金で大好きな釣りを満喫している。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん副業にももくろみがあるので
次のステップに進むための
準備資金も蓄えている。

 

 

 

 

 

 

 

「されど副業は本格ビジネス」とはこういう意味だと
ボクは理解している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40代の副業スタイル記録/深夜22:00からの副業    コメント:0

40代目線!アフィリエイトはじめの印象

読了までの目安時間:約 9分

ボクは40代の小売系サラリーマンであるかたわら、二足のわらじを履いていて40代の中年アフィリエイターもしている。

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトがビジネスとして成り立つ訳や稼ぐ仕組みを知ってしまった今では不信感は無いが、アフィリエイトを知った当初の4年前は拒絶する勢いで不信感を抱いていた。

 

 

 

 

 

 

サラリーマンを長く経験している状態でアフィリエイトを知った場合、おそらく殆どの方が不信感を持つのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ビジネスのギャップの違いに拒絶反応を起こします。

 

 

 

 

 

 

例えばボクのアフィリエイトに対する印象は次の通りでした。

 

 

 

アフィリエイト=人を騙して稼ぐビジネス

アフィリエイト=怪しげなネットビジネス

アフィリエイト=コソコソ隠れて副業している

アフィリエイト=楽して稼げる都合のいいグレーな仕事

 

 

 

 

 

 

ボクのように、
ネットビジネス自体が怪しいと感じていたり、
アフィリエイトを違法ビジネスだと思っている方も
少なくないでしょう。

 

 

 

 

 

 

事実、ボクもアフィリエイトを
ダークビジネス的な要素のある闇社会や
裏社会のビジネスとして疑い偏見していました。

 

 

 

 

 

 

何故、アフィリエイトを疑ったのか?

 

 

 

 

 

 

それはサラリーマンとしての経験値こそが自分のなかでは絶対的な正攻法ビジネスであって、アフィリエイトは正攻法のビジネスとして認めたくないから心境的に疑いたくなったのだと思います。

 

 

 

 

 

 

何を基準に正攻法なのか?

 

 

 

 

 

 

ボクの小売系サラリーマン的な立場からの
見解で考えるとこうなります↓

 

 

 

1日14時間働いてきたから今日の自分がある

年間300日以上を仕事に従事した豊富な経験値

23年間の蓄積されたノウハウが最大の武器

下積みがあって現在の年収500万円がある

 

 

 

 

 

 

サラリーマン的な思考で考えると長い期間に培ってきた苦労や経験値こそが、揺るぎない今の自分の地位を作り上げてきたと考えるようです。

 

 

 

 

 

 

そんな思考のボクの目の前に
1年で年収1000万円稼げた!とか
月50万円稼げるビジネス!というキャッチが
舞い降りたら疑いたくなるのも当然です。

 

 

 

 

 

 

短期間でそんなに稼げるビジネスなんて
この世に存在する筈がないじゃないか!

即、全否定に掛かります。

 

 

 

 

 

 

何故ならば、

 

 
今の自分を否定されたくないから。

しかしボクはアフィリエイトを否定しながら
ふと脳裏に思った事がありました。

 

今よりお小遣いが増えたら嬉しい筈だ!

年収が増えたら将来設計も再構築できそう!

生活するだけで精一杯の現状から抜け出し、ちょっぴりだけど贅沢が出来たらいいな?

 

 

 

 

 

 

卑しいと思われるかも知れませんが、

素直にお金があれば出来ることが思い浮かびました。

 

 

 

 

 

 

でもこの思いがあったからこそアフィリエイターとしての自分があり、サラリーマンとの二足のわらじを履くことが出来ています。

 

 

 

 

 

 

ビジネスってこんなものです。
起業するってこんな理由で良いのだと思います。

 

 

 

 

 

 

ガチガチのサラリーマン思考では新しいビジネスは始められません。サラリーマンという型枠を一度外して新しい仕事をするという新入社員の思考で考えると意外と入りやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

単純な理由でいいんですよ!
あなたが素直に思うことでいいのです!

 

 

 

 

 

 

定年までサラリーマンでも悪くありませんし、
それを否定する事はボクには出来ません。

 

 

 

 

 

 

起業や副業もできる環境はいくらでも
あるって言うことをお伝えしたいだけです。

 

 

 

 

 

 

新しい仕事を拒絶するようなガチガチの40代にはなりたくなかった!ただそれだけの理由のためにマインドリセットを掛けアフィリエイトを副業として受け入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40代の副業スタイル記録/深夜22:00からの副業    コメント:0

アフィリエイトツールの賞味期限

読了までの目安時間:約 6分

アフィリエイトを始めて間もない頃は
必要ないですが、運営するサイト数が増える頃に
なると必要だと感じるツールがあります。

 

 

 

 

 

アフィリエイトサイト量産ツールというものです。

 

 

 

 

 

数年前まで有効だったブログアフィリエイトという
無料ブログサービスを活用したサイトアフィリエイトが
ありました。

 

 

 

 

 

しかし、無料ブログである以上はルール変更があり、
ルール変更によって作り込んできたブログが
無くなってしまうなんてことがありました。

 

 

 

 

 

作り込んできた数百ものサイトがルール変更で
一気に消し飛んでしまうのです。

 

 

 

 

 

これは無料だからのリスクです。

 

 

 

 

 

 

そこでボクは無料ブログを卒業し、
有料だけどブログと同じような感覚でサイトが作成
できるアフィリエイトサイト量産ツールをレンタルして
アフィリエイトサイトを運営することにしました。

 

 

 

 

 

現在のアフィリエイトというビジネスは、
ひとつの販売サイトに複数に枝分かれしたサイト群
で構成された手法に効果があるとされています。

 

 

 

 

 

この為、枝分かれしたサイト群の作成は必須です。

 

 

 

 

 

 

1つ1つを手動で作成し立ち上げていたのでは
手間と時間が無制限に必要になってしまいます。

 

 

 

 

 

そこをサイト量産ツールが作業効率を
大幅に軽減してくれるのです。

 

 

 

 

 

手間を掛ける部分は手動で根気良く考えて、
手を抜いても問題ない箇所はツールに任せる。

 

 

 

 

 

こういった効率性をアップさせる目的では
サイト量産ツールは有効です。

 

 

 

 

 

しかし、このサイト量産ツールにも
賞味期限があるのです。

 

 

 

 

 

先日もボクが数年間利用してきたツールが
新規加入を打ち切り、7月をもってツールサービスが
閉鎖されるとの連絡がありました。

 

 

 

 

 

理由はWEBサービスのルール変更に現在のツール
のバージョンアップでは補えなくなったことが原因
だとボクは思っています。

 

 

 

 

 

ツールの開発者側からみてもさまざまなルール改正
に伴い、これ以上はツールを継続する価値がないと
判断した結果なのでしょう。

 

 

 

 

 

このように有料サービスであっても
WEB市場の変化によって対応できなくなれば
やがて賞味期限が訪れます。

 

 

 

 

 

しかし、ツールはまた新たに生まれ変わります。
常に時代にマッチしたツールとして!

 

 

 

 

 

今回のツール終了通知の教訓ですが、
ツールはツールを使いこなすために努力しても無駄だと思います。

 

 

 

 

であればツールが旬の状態である
今をサイト作成に注力することが必要です。

 

 

 

 

 

使い切れたと自慢してもツールはツール
賞味期限があることをお忘れなく!

 

 

 

 

 

 

40代の副業スタイル記録/深夜22:00からの副業    コメント:0

40代の副業「スマホ検索率70%超えの対応」

読了までの目安時間:約 7分

あなたはスマホから
このサイトを検索してきましたか?

 

 

 

 

 

 

ボクの予測ではYESが60%です。

 

 

 

 

 

 

 

下のアクセス解析をご覧ください↓

 

WS00000022333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはボクが運営しているアフィリエイトサイトの
アクセス解析から拾ったスマホ検索率です。

 

 

青のスマホ率が非常に高いことがわかります。

 

 

 

 

スマホ検索率が71.5%

PC検索率28.2%

 

 

 

 

 

 

見てわかるように
スマホから検索してくる訪問者が70%を
超えていることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

これはこの日に始まったことではありません。

昨年の12月からスマホ検索率の増加が
現れ始めていました。

 

 

 
何を言いたいかというと、

 

 

今や調べ物はスマホが主流!

 

 

ということをお伝えしたかったのです。

 

 
1年前までは仕事から帰宅して
自宅のパソコンで検索する時代でした。

 

 

 

 

 

 

しかしスマホの普及から
いつ何処でも検索できる環境になったので、
休憩時間や通勤時間にスマホで検索する
ユーザーが増えているのです。

 

 

 

 

 

 

 

そこでアフィリエイター思考として考えなければ
いけないことはスマホからでも対応できる
サイトが必要となる訳です。

 

 

 

 

 

 

スマホはパソコンサイズのサイトを閲覧する
ことは出来ます。

 

 

 

 

 

 

でもスマホからPCサイトを閲覧するのって
正直、見づらくありませんか?

 

 

 

 

画面サイズが大きく
スマホの画面には納まらないし、
文字も小さくて読みづらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはパソコンサイトを運営している
アフィリエイターには致命傷しもなり得ます。

 

 

 

 

3秒ルール

 

 

 

 

 

検索ユーザーに興味を持ってもらい
サイト読んでもらうためには

瞬間で決まる「3秒ルール」という
ルールがあります。

 

 

 

 

 

 

要するにあなたのサイトを訪問した
検索ユーザーは3秒の見た目で
あなたのサイトを見るか辞めるかを
判断されてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

そこで文字が小さい、
画面が大きすぎて見づらいときたら
どうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

3秒ルールで
あなたのサイトは閉じられてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

最近、ボクもサイトをスマホ用に
修正するようにしています。

 

 

 

 

 

 

例えば記事の文字数を少なくしたり、
スマホの上下のスクロールだけで見やすい
タテ長のペラサイトを別に作成したりしています。

 

 

 

 

 

 

ペラサイトを1カラムサイトとも言いますが、
サイトの構成を上から下に向かって
読みやすい順序にすることで
面倒と感じ入る横へのスクロールを
極力減らすようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては訪問ユーザーに見ていただくことを
前提にサイトは作りこまなければいけません。

 

 

 

 

 

 

小売り業界では
「お客様目線」なんていうところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40代の副業スタイル記録/深夜22:00からの副業    コメント:0