40代 副業 アフィリエイト

40代 副業アフィリエイトで働き方改革

40代で経験した10年前のサラリーマンのあなた

読了までの目安時間:約 10分

 

ボクは40代の小売系サラリーマン、
いわゆるショップ店員。

 

勤続21年だけが自慢のとくに
とりえのないサラリーマン。

 

しかし5年前にサラリーマン社会と将来にふと疑問を感じて
インターネットビジネスを副業としてはじめるようになった。

 

商品をつくった製作会社や著者に変わって商品を代行販売し、
販売報酬をいただくアフィリエイトというビジネスモデルが
サラリーマンのボクが選んだ副業。

 

業界では販売代行者をアフィリエイターという。

 

ボクはサラリーマンのかたわら副業をしているが、
理由もなく副業をはじめたのではない。

 

40代である事実を知ってしまったからはじめたのだった。

その40代で知った事実とは何だろうか?

 

今回はボクの実体験をもとにして40代サラリーマンの

かかえる将来性を題材にお話ししようと思う。

 

特に30代のサラリーマンのあなたへ
読んでほしい情報として執筆した。

 

近年やってくる未来のためにも
興味があれば読んでほしい。

 

 

 

40代はじめの頃、ボクは感じていた。
今の職場であと何年サラリーマンを
続けられるのだろうか?

 

疑問を持つようになる。

 

理由は「自分の力量」を知ったことにはじまる。

 

実は40代になってボクは自分の力量や

能力がわかるようになった。

 

「何ができて」
「何ができないか」

 

今の職場での自分の限界といえば
わかりやすいだろうか?

 

たとえばボクには出世できる限界がわかる。

 

ボクの会社の場合、定年まで働いても

「取締役」「部長」への昇進は
できないことがわかり、

 

役職は「店長」までが限界とわかっていた。

 

つまりここで収入の限界もわかってしまう。

ボクの年収の上限は600万円が限界。

 

そしてイチバン不安なことが体力の衰えだった。
ショップ店員は1日12時間の立ち仕事。

 

若い店員たちのように走りまわったり重い荷物を
運んだりすることに限界を感じる年頃だった。

 

カラダは正直で衰えることが
あっても若返ることはない。

 

とくに体力面と健康面の限界が、ショップ店員として
あと20年間、続けられるだろうか不安だった。

 

いろいろな角度から限界がわかるようになった。

 

まだある、

 

40代、それは
「転職できる限界の年齢」

 

妻子がいますし、住宅ローン、子どもの教育費がありますから
転職しても収入減は絶対に許されない。

 

住宅ローン・・・・・毎月10万円を30年払い

教育費・・・・・・・・大学生の学費200万円/年

 

30代のあなたもいずれはボクのような現状が
おとずれる可能性はおおいにあります。

 

こうなると無謀で危険な転職を考えるよりかは今の職場に

しがみついていく方法か、ボクのように副業を

はじめる選択のほうが安全です。

 

ハイリターンなリスクは避けたいですから。

 

「今の仕事がむいていない」からと思いつきで転職したり、
起業して数千万円も借金をして事業を興すという
大きなリスクを背負えません。

 

 

 

・・・・・・・若きころの思考・・・・・・・

 

20代、30代のあなたはやがてちかい将来に体験する
40代サラリーマンの現実が理解できますか?

 

「オレはあんたと同じ人生は歩まないよ!」
「他人の心配しないで自分の心配しなよ!」

 

こんな返り討ちにあいそうです。

 

でもボクもあなたのような若きころの

サラリーマンを経験しています。

 

ボクも20代のときは無敵のサラリーマンでした!
自分の将来なんて考えませんでした。

 

仕事もプライベートも何でもチャレンジして
何でもできるという年ごろでした。

 

借金なんて怖くありません!いつでも
返せる自信がありました。

 

時間はたっぷりあるし転職しても
やり直せる自信もありました。

 

すべてを前向きに考える年代が
20代の思考なのです。

 

でも30代で心境と思考の変化がありました。

そして若きサラリーマンも社会経験が増えるにつれて、
自分の立ち場がわかるようになります。

 

そして中堅社員と呼ばれる人材になります。

 

しかし一方、その頃から会社に対して不満や
きゅうくつを感じるようになります。

 

自由が利かないことに気がつくからです。

 

おそらくこのあたりで人間関係のうら表と将来に不安をもち、
転職した方も少なくないのではないでしょうか。

 

思い通りにならない現状と理想を見極めたくなる時期が
30代におとずれることからの選択なのです。

 

そして転職してもしなくてもあなたは
やがて40代をむかえます。

 

あなたはもう自分勝手な行動はできなくなっています。

それは妻子や年老いた親がいる歳だからです。
もう自分のことばかりを優先する
訳にはいかないのです。

 

40代サラリーマンは会社の将来性、プライベートの将来性
など人生のなかでも将来について考える
時期ではないでしょうか?

 

40代が人生の分岐点!
30代のサラリーマンのあなたには知っててほしい。

あと10年すると経験する40代の
サラリーマンの現状と将来を、

 

あなたの10年後をチェックしてみてください↓

 

「役職はどうなっているだろうか?」
「奥さんはいるの?」
「子どもさんはいくつ?」
「子どもさんは大学ま進学を希望?」
「そのとき両親は何歳ですか?」

 

無知のまま40代をむかえるのと将来を予測できる
のとでは行動力に差がでます。

 

なぜって?

 

将来を予測できると自ら行動しなくちゃと思うのです。

自分の将来は自分で作り
上げていくのです。

 

会社にぶらさがり世の中に浮遊していては
変わらないどころか衰退していきます。

 

ただなんとなく成り行きでサラリーマンをしてはいけません。
ボクのように40代で決断をせまられることになります。

 

ボクはインターネットビジネスという副業をみつけただけ
救われていますが40代では危険な
選択だったと思います。

 

「インターネットでいますぐ副業をしなさい!」
「インターネットビジネスは稼げますよ!」

 

そんな話しではありません。

 

サラリーマンのかたわらの業(なりわい)があっても
いいんじゃないの?というお話しです。

 

その手段はインターネットビジネスでなくてもいいんです。

 

あなたはボクではありませんし、

ボクの分身でもありません。

 

もしあなたに↓

 

●土地という資産があれば賃貸などの副業もできるでしょう。

●現職で特別なスキルをお持ちなら講師や先生もできます。

●物つくりが好きならそれを販売するのはいかがですか?

 

二束のわらじを履くサラリーマンなんて
これからは普通です。

 

あなたにもできることがきっとあります。

 

あなたが定年までサラリーマンを続けられるかわかりませんし、
会社は将来まで保証してくれません。

 

若い時期にいくつかの選択肢をもつことが
あなたの将来をつくりあげるのです。

 

あのときやっておけば・・・・・
後悔しないために!

 

最後までご精読ありがとうございます。

 

40代の副業スタイル記録/深夜22:00からの副業    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: